実践登攀ガイド  阿弥陀岳北稜・摩利支天

令和3年3月6日(土)~8日(月)  ガイド鈴木昇己&鳴海玄希

入山日は昼頃晴れてとても良い天気になってきました。

マルチは初めてなので、マルチのシステム&ロープワークの講習。

次の日は天候の様子を見ながら、ゆっくり出発する。
IMG_6263.jpg

IMG_6414.JPG


IMG_6284.jpg

雲切れることはありませんでした。
IMG_6415.JPG後発隊はアイスキャンディーにてアイスを楽しむ、一瞬の青空でした。
IMG_6296.jpg

IMG_6323.jpg

赤岳鉱泉の夕食は豪華なカニとエビ、山の奥とは思えない豪華さ
IMG_6325.jpg


次の日は摩利支天にてアイスクライミング。
IMG_6338.jpg

鳴海ガイド
IMG_6411.JPG

スクリュー回収しながら結構つらいです。
IMG_6344.jpg

アイスクライミング日数少ないのに,どんどん進化してます。
IMG_6384.jpg








                    

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

Mako-Chan
2021年03月09日 20:41
岩が多めの、ミックス・クライミング。
緊張感のある登攀が、楽しそうです。
登頂おめでとうございます。

・・・・・・独り言。
今は12本爪クランポンですが、学生時代に8本クランポンでの
挑戦を思い出しました。アイス・アックスは小ぶりの、シモンスーパD。
ベントは重すぎです。靴はタカハシの2重靴?。
Mako-Chan
2021年03月09日 22:22
追記
ピッケル棚を見て、訂正。
多分、登攀には、シモンスーパEを使用しています。
EはDより小ぶりで、扱いやすいですね。