クライミングトリップ  ベトナム・カットバ島

平成29年3月8日(水)~15日(水)

プライベート・アジアンクライミング、第4弾は11月~4月まで乾期でクライミングにはベストなベトナムに行きました。

飛行時間約4時間、時差2時間と手ごろな距離のベトナム。

ハノイのノイバイ空港から高速道路を二時間半そして高速フェリーで一時間のカットバ島。

初日はハイフォンの4つ星のホテル、どんより曇り空に真っ白いっ街並みに似合わない素敵なタンロンホテル。

画像画像
  
次の日はホテルの方の案内で歩いて10分くらいで船着き場に行く。
空はどんより降りそうな曇り空。




画像
画像カットバ島着シーパルホテルは目の前でした。








画像

岩場は使用料を事前に払って使う、岩場によって支払い場所が違う。
アジアンクライミングショップに行き全員が結び変えの試験を受ける。
画像
画像

登れるかもしれないので、岩場の見学に行く。
8人乗りのタクシーを発見、滞在中毎日お願いいたしました。
この地主さんに使用料のチケットを渡して岩場に行く。
画像
画像

広い牧草地に牛や水牛がロープにつながれて草を食べている、その先に大きな岩場が見得る。
バタフライバレーの岩場です。


バタフライバレー アッパーマントルレフトの岩場で岩の感触を確かめる。
画像
画像



画像画像






















バタフライバレー ソリタリウォール&センターオブユーニバァースレフト                         
 6b+
画像
画像

6a    6b+
画像

画像画像6C

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

キャクツウ
2017年03月29日 09:47
カットバ島
  

プライベイト・クライミング、楽しそうですネ。

岩質も気になりますが、美味しいベトナム料理も・・・気になります。たとえば、米粉の皮(バイチャン)でまいた春巻きとか、孵化前のアヒルのユデ卵とか・・・。

お話が聞けるの楽しみにしています。

この記事へのトラックバック