アイスクライミングツアー 北海道層雲峡&能取岬  NO1

平成27年2月11日(祝・水)~16日(月)

旭川空港から層雲峡に向かう、昨年より雪がかなり少ない。

有名な銀河の滝、アプローチ最大の難所は渡渉。

昨年より距離が長く水量が多い、岩は滑るし慎重に1歩づつ足を進めるこの日最大の核心でした。

寒さは30メートル位のルートを1本登るとかなり慣れてくる。

3本登るアップにちょうど良い氷瀑の硬さ、快適にアイスクライミング楽しみました。

           銀河の滝          雪道に力強いホルクスワーゲン・ツワレブ頼りになります
画像
        
渡渉画像
画像

画像

画像
画像
画像
 
画像

         ペンション銀河の夕食 海&山の幸豊富 温泉も体が温まり良かった。
         氷瀑祭りで沢山の観光客、20:30から毎日花火が夜空を飾っていました。


次の日は錦糸の滝昨年より発達していて、50m以上の長いルート色々なルートをとれました。

平日の終日貸切で、心置きなく快適に登れました。

         遊歩道を川沿いに歩く。      見事発達した氷瀑
画像
画像
画像

画像
画像

       ビレーヤーは流行の先端を行くファション?  コンビニには入れませんね。
画像画像

  
画像

         2日目も海&山の幸がたっぷりの豪華な夕食


3日目
NAKA滝昨年は硬くアックス入らないほどでしたが今年はショボクレて細い登らなかった。

尾滝、昨年は細く登れなかったが今年長さはないがしっかり氷柱が出来ていました。

パラグーフォール、昨年ほどの大きさはなく氷も柔らかく、中央は水が流れていたがヴァティカルを堪能。

氷瀑は年によって氷結状態がまるっきり違う、時間のない方は情報を入手してから方が効率が良いです。

層雲峡の充実したアイスクライミングを終えて、網走能取岬に向かいました。

尾滝
画像
画像


画像


パラグーフォール
画像
画像






画像
画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック