海外クライミング  イタリア アルコクライミングトリップ

令和元年9月12日(木)~23日(月)

⁂ご迷惑をおかけしてます。
 新しいパソコン入力で悪戦苦闘苦労してます、気長にあっぷしていきます。⁂

一度は行ってみたいと思っていた、ワールドカップの開催地アルコ。

羽田深夜発、フランクフルトで乗り換えベローナ空港に10時ころに着く、レンタカーにてアルコに移動。
IMG_4547.JPG
今回は力強いナビの方が居たのでスムーズに街中を抜ける、約1時間くらいでアルコ着。

昼食に美味しいピザを頂き、午後からの近場のクライミングエリアに行く。

ホテルに近いがすり替えのできないような細い道を危険なところは警笛を鳴らして進む、10分くらいで岩場に着く。

人気のマッソーネCセクターエリア。
IMG_4556.JPG
IMG_1023.jpg
IMG_4555.JPG

石灰岩独特の滑りそうな輝きのホールド、日中は日が燦燦と当たりクライマーは3時過ぎに登りに来る。

マソーラのルートは比較的終了点近くがホールド悪かったり、遠かったりの核心苦労しました。

トップロープにて試登してリード、安全クライミング、ルートは永く緊張の連続でした。

4時頃に終了、充実した楽しい1日でした。
P9140066.JPG
P9140083.JPG
P9140053.JPG

P9140093.JPG

豪華な夕食、食欲抑えることはできそうもない。
IMG_4549.JPG


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

@Darjiling INDIA
2019年11月06日 10:03
@インド
フム、ふむ、なるほど。

そして、「石灰岩独特の滑りそうな輝きのホールド」
の続編をおねがいします。