登山ガイド   北海道・利尻富士

令和元年6月17日(月)~20日(木)

手術後いつ頃から仕事かできるか、わからないロープを使わないガイドでしたらできるはずと仕事を受ける。

6月は礼文島・利尻島はお花が真っ盛り楽しみにしていました。

羽田から約2時間かからず稚内空港。

北海道近くになると雲が厚くなり雲の上にぽっかりと利尻富士の頭が顔を出していた。

稚内の散策、稚内駅の日本最北端のレールや稚内港の北防波堤ドームの見学。



波よけ用ですが古代ローマの建築のようアーチ型ドーム、コンサートなどにも使われているようです。
画像画像



















次の日は早朝にフェリーで礼文島に渡る。

2日間位風が強く船が決行していた為、沢山の方が乗船していた。

香深港からタクシーでレブンアツモリソウ群生地そして桃岩展望台までの花の遊歩道散策。

礼文島で沢山の花を見学して再びフェリーに乗り利尻島に渡る。

天気は良く宿近くの姫沼の逆さ利尻富士やぺシ岬の丘を登り、素晴らし景色を堪能した。
                                          礼文島の最北端   寒い
画像
画像

画像レブンアツモリソウ
  












姫沼の逆さ利尻富士
画像



登頂日は2~3日風が強かったので明日沢山の登山者がいるということで、4時半出発。

山は雲の中、登山口につくと霧雨が落ちてきた。

樹林帯の中を止むことを祈りながら歩く。

残念ながら登頂ガスの中景色は何も見えなかったが沢山の道の両側に咲いていました。
                                                  避難小屋
画像
画像

登山道に一部霧氷が滞積している、始めは雪かなと思いましが
ザクザクと注意して歩かないとすべる。
とても珍しい現象です。
画像









順番待ちの登頂撮影
156263840306044346055-thumbnail2[1].jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

HYAKUーMEIZAN
2019年07月10日 20:52
登頂おめでとうございます。

利尻山登頂日は、ガスですか。
でも、高山植物には露がよくにあいますね。

海上の独立峰、天気は安定しにくですね。
掲示板の写真を見て、なるほどです。
RISHIRI
2019年07月14日 09:26
独断、自慢の利尻・礼文+宗谷の写真。
イタハリしてあります。

興味のある方は、掲示板を見て下さい。

この記事へのトラックバック