クライミングツアー  北海道小樽  赤岩&赤岩青巌峡

令和元年7月15日(月・祝)~18日(木)

出発時、東京は雨ぜひ今回のツアーは晴れてほしいと祈る。

札幌の上空は雲は多いが明るくホットする。

レンタカーで赤岩の岩場に向かう、駐車スペースには10台位の車が駐車している。
P7150002.JPG

まずは人気の4・4エリア行ってみること自然遊歩道を歩き赤いテープの目印から海に向かい下る。
P7150005.JPG

20分位で岩場に着く途中道がフィックスロープが何か所か張って有り、注意して下る。

2パーティクライミング中、アップルートが空いていたのでさそっく取り付くが5、9?とても悪く感じた。

おはよう  5,9
DSCF1507.JPG 
おやすみ  10A 
P7150018.JPG
P7150014.JPG

For the Fire Fightersとベルボトムは人気ルートのようで1日中クライマーが登っていました。

夕食は小樽町や運河を散策しながらほか移動の海の幸を満喫いたしました。
DSCF1533.JPG


二日目は赤岩青巌峡に行きました。

パーキング入り口の小屋で入山名簿書き、岩場の整備協賛金を箱に入れました。
DSCF1532.JPG
祝日には70名くらいのクライマーで出賑わっていたそうです。
エリア1つ1つはルートの本数が少ないので、かなりの混雑だたのでは。

岩場は道路沿いでアプローチ0分という感じです。
DSCF1530.JPG
DSCF1518.JPG
この奥に被った13~14のルートが並んでいる
平日でも数人のクライマーが登っていた。
DSCF1527.JPG

まずは簡単な岩塔Pの怪しなるちゃん  5,7
ねぎ岩の玉ねぎ 5,8 これこのグレード?  エー初心者登れるう?
P7160033.JPG
裏切り岩 10B 裏切り
登ってみると辛い確かに裏切りです、後で地元のクライマーが悪いので皆さん登らなと事。
P7160038.JPG
アーちゃん  10C  これも辛いグレード皆さん毎週登っているので、何も思わないようです。
P7160035.JPG

本数は登ってないが力の使い過ぎ、夕食はビールの美味しい沢山の種類がある
小樽倉庫NO,1小樽ビールに行きました。
昔のままを残しながら、素敵なビヤホールでした。
P7160055.JPG
P7160056.JPG

次の日は赤岩の西壁・とかげの洞窟   アジアビート  10C
出だし核心ちびっ子達にとっては力がつづかない。
P7170076.JPG
P7170071.JPG
終了点からの海
DSCF1568.JPG
DSCF1572.JPG

最終日は赤岩青巌峡行く、途中かなりの雨が降り初めた時はがっかりしたが岩場は時々霧雨が少し、クライミングには問題なく出来ました。
近場の橋の岩エリア  僕を見て  10C
DSCF1584.JPG
P7180124.JPG
DSCF1593.JPG
どこの岩場もとても面白いかったがグレードが辛すぎる気がいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

AKA
2019年07月29日 20:09
赤岩には、「赤色」ですね。
ザック、中間着、パンツ、そしてロープ。

バッチリ、皆さんアピールしています。