クラッククライミング 小川山

平成31年4月20日(土)~22日(月)   鈴木昇己&橋本明インストラクター

小川山のシーズン初めはクラック講習会。

マラ岩周辺はまだ雪が有りルートの出だしに残っていますし、風も冷たい。

到着するとすでに沢山のクライマーが各ルートに取りついていた、今までの経験だとこの時期はまだクライマーは少ないことが多い。
実際まだクライマーは少なく、混雑していたのはマラ岩周辺だけだったようです。

中央高速、甲府付近の景色は桃の花でピンク色に明野の農道からは白い甲斐駒が輝いて見え、春です。
画像

龍の子太郎 足元には残雪、シーズン初めは緊張します。     足場が下がりリーチ無いと出だし核心かな。                         
画像
画像

ムードはイイ線  出だし力を使う、ジャミングをしっかり決めて足を送る。
画像
画像

愛情物語  術後初めての小川山、クラックのリードクライミング              ジャックと豆の木
画像
画像
 




                 カサブランカ     ジャミングが決まり気持ちの良いクライミング画像
画像
 
ジャックと豆の木   新鮮で楽しいルートでした、何回もトライしてジャミングが洗練されてきました
画像
画像

           出だしは慎重に足置き、クラックの形状を良く見る 
画像
画像

画像
画像

トップアウト出来ました。
画像
画像





次の日は平日でクライマーは少ない。

ソラマメスラブに行きました、終日貸し切りの静かな岩場でした。

天気も穏やかで充実した講習が出来ました。

生木が倒れたよ                         甘食  この1手に初めての方はなかなか難し
画像
画像


三色すみれ R・P                      スラブの逆襲  次回はR・P
画像
画像

ソラマメハング再登 登るたびに進化してます。     スラブの逆襲は右肩で押すことが出来ず次回かな
画像
画像



久しぶりの岩根山荘の素敵な夕食、おいしくいただきました。
画像

清里の道の駅  名物の鯉のぼり、今年も元気に泳いでました。
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

冷蔵庫
2019年04月29日 10:56
小川山講習会への参加前日、食事の準備を始めると、
冷凍食品が暖かい。
予備、冷蔵系を構築するも、心身とも疲れ講習会へ。

「カサブランカ」3回手が抜ける。
上部の左から右クラックへの切り替えは、出来た。木を使わず登れて良かった。
暗号:赤・黄・オレンジ・黄・・・・

「ジャックと豆の木」痛めている左脚の可動域が狭く壁に決められず、右足「ニー&フック」の引き上げができな。即敗退(転進?)。

「愛情物語」、花崗岩クライミングを楽しめた。

「カシオペア軌道」、ダイクから左のスラブへ、足置き体勢を忘れていて思い出すまで3回トライ。
「あばたもえくぼ」?

ピンポン~・・・冷蔵庫がきました。

ではまた。
 
  
ピンポン~,冷蔵庫
2019年04月30日 10:56
冷蔵庫の引っ越しが終わりました。
使用していた冷蔵系は、整備して次の災害に備えます。
 

 「生木が倒れたよ」鼻歌気分でクライミングできて、楽しかった。

 「三色すみれ」最後の一歩「カシオペア軌道」のトレーニングの成果が出た。

 「甘食」ハングの乗越し、左脚が決められず右足のマッチングが出来ず(右振り)、この一手パス。上部のスラブは靴裏を信じられた。

 「スラブの逆襲」「ロング・ロング・アゴー」減量しないと登れない気がした。


独断のレポート、終わりです。

最後に成りましたが。同行の皆さんに感謝して「完」。

この記事へのトラックバック