クラッククライミング  湯川 

平成31年3月30日(土)~31日(日)   鈴木昇己&橋本明インストラクター

又天気が、しかし雲の隙間が湯川に少しそれているラッキーかな?画像

祈りつつ決行、集合の韮崎は満開の桜で春でした。

しかし湯川は、雪が時々チラついたり寒い一日でした。

シーズン初め奥の右壁でクラックの感覚を思い出す。

この天気、誰もいない湯川のシーズン初めのクラックを堪能いたしました。

           ピィーと張った空気で気持ちが引き締まる
台湾坊主               北風小僧                 台湾坊主            
画像
画像

                               デゲンナー
画像
画像





朝起きると岩根山荘の周りは真っ白雪が積もっていました。

少し高度が下がると雪はなく、太陽が出るとアッと言う間に溶けてしまいました。

日曜日は寒い風が吹いてましたが岩場には早くから沢山のクライマーがもう登ってました。

左壁の広場は風が通り抜ける非常に寒い、奥の広場でアップをしてコークスクリュー、山案山子を登りました。

画像
画像







日だまりはポカポカ
画像
画像






 コークスクリュー                                  山案子                    画像       
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック